LXCにownCloudをインストールする

VPSも個人で100Gとか200Gの容量が借りられるようになったので自分用のクラウドストレージを作ってみる。日本語ファイル名でトラブルがあるようだが情報の多いownCloudを使うことにする。

Ubuntu12.04のlxcで作った仮想環境にインストールする。仮想環境にインストールすると設定変更やサーバーの移動が気軽にできる。

lxc-cloneで日本語ロケールとタイムゾーンの設定だけした素のlxc環境を作る。

その環境にowncloudをインストール。普通にapt-getするとowncloud3が入るのでwgetをインストールした後にUbuntu Weekly Recipeの記事にしたがってownCloud4.0をインストールする。
第231回 ownCloudで自分専用クラウドストレージ

家庭内からならこのままで良いが、せっかくなので外部から接続出来るようにする。外部からの接続には安全のためにSSLを使いたい。

Appache2でsslの設定をする。
セキュリティに詳しい他のサイトを参照すること。ここでは既に証明書が作られ、default-sslが有効になっているとする。

個人用なのでなるべくアクセスされないようにポートを443番から適当な番号へ変更しておく(ここでは例として10000番とする)。さらに特定のサブドメインでアクセスしたときだけownCloudに接続するようApache2を設定する。
まずホスト環境を設定してポート10000をownCloudを動かす仮想環境に転送するように設定する。lxcで作ったWordPressサーバーを外部に公開(レンタルサーバー編)参照。

ports.confを修正

$ sudo vi /etc/apache2/ports.conf

IfModule mod_ssl.cの項へNameVirtualHostを追加
Listen 433をListen 10000に変更

NameVirtualHost *:80
Listen 80

<IfModule mod_ssl.c>
    # If you add NameVirtualHost *:443 here, you will also have to change
    # the VirtualHost statement in /etc/apache2/sites-available/default-ssl
    # to <VirtualHost *:443>
    # Server Name Indication for SSL named virtual hosts is currently not
    # supported by MSIE on Windows XP.
    NameVirtualHost *:10000
    Listen 10000
</IfModule>

<IfModule mod_gnutls.c>
    Listen 10000
</IfModule>

次にdefault-sslを編集

$ sudo vi /etc/apache2/sites-available/default-ssl

VirtualHostをコピーして2つにして以下のように修正

<IfModule mod_ssl.c>
<VirtualHost *:10000>
        ServerAdmin webmaster@localhost
        ServerName example.com
        DocumentRoot /var/www2

略

</VirtualHost>

<VirtualHost *:10000>
        ServerAdmin webmaster@localhost
        ServerName naisyo.example.com
        DocumentRoot /var/www

略

</VirtualHost>
</IfModule>

/var/www2/index.htmlを作ってapache2を再起動すればOK。
https://naisyo.example.com:10000/owncloud だけがownCloudにアクセスできる。
https://naisyo.example.com:10000 は/etc/www/index.htmlを表示。
https://www.example.com:10000 などは/etc/www2/index.htmlを表示。
https://www.example.com:10000/owncloud などはNot Found。

あとは普通にユーザ、パスワードを設定する。使い方やアップロード上限の変更法は第231回 ownCloudで自分専用クラウドストレージを参照。

2012年8月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.