VPSにインストールするOSは64bit版?

VPSをレンタルすると好きなOSがインストールできる。Linuxの場合には特別な理由がない限り64bit版をインストールすべきだ。ユーザーが多く情報も豊富だ。

しかし実際siro-toは32bit版をインストールしている。「特別な理由」というやつがあるのだ。手元にあるパソコンでサーバー用途に使っているのは一番消費電力が少ない古いネットブックで、CPUは64bitに対応してない古いATOMだ。ここでLXCを動かしてテストしてる。こいつとコンテナを移動させようとすると32bit版にするしかない。

32bit版でも不都合はいまのところ無い。siro-toレベルで借りられるVPSのメモリは現状では1Gかせいぜい2Gであり、64bitOSの威力は発揮されない。メモリの使用効率は32bit版のほうが良いのでメモリが不足した状態でのパフォーマンスは32bit版の方が上回る可能性もある。

そんなわけで32bit版を使っているが、いずれは64bitに切り替えたいものだ。

2012年8月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.